忍者ブログ
私、雪野を形成する過去と今のお話。 未来に、誰かに繋がることを願って・・・。
-material by whim+
カウンター
プロフィール
HN:
雪野
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
モノ作り。
自己紹介:
福岡市在住の21歳 性別は女性。

自他共に認める器用貧乏。

手先が器用なだけですが・・・。

ココは私が過去に経験したことや、今のことの記録の場として残していこうと思っています。
忘れないうちにメモ!!
最新記事
最新コメント
[11/11 雪野]
[11/07 やべってぃ]
[08/22 雪野]
[08/20 サトシ]
[07/18 雪野]
リンク
基本的にリンクフリーなので、じゃんじゃんリンクお願いします。 よろしければ、コメントなんかも頂ければ、後々コッソリ覗きにお伺いします(≧△≦)
ブログ内検索
グリムス
木を育てます。
成木になると、ホントに植林されるそうですよ~♪ (*´∀`*)
コウコク。
バーコード
ランキング
[179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

挨拶は小島よしお!
どうも雪野です。

いや、別によしお贔屓なわけではないんですよ。
ふと、あの人みたいに、日々「おっぱっぴー」とか言いながら過ごせたら、毎日楽しいのかも・・・と思っただけでございます。


えー、最近根暗でネガティブな雪野さんですが。
今日は(も?)話題が暗いので、嫌いな方は覗かない方がいいかもしれません。。。



では、つづきはこちら。からだうぞ。
その前にポチッといただければ、元気出ます。
banner_04.gif

最近、昴くんの様子がおかしい。。。
別に、浮気してそう・・・とか、そんなんじゃないんですよね。
なんか・・・こちらを向いてくれない。
いや、顔の方向がとかじゃなく、気持ちが。
それについて、先週・先々週で1回ずつくらいの割合でお話をしました。
私からの質問は

①気持ちが冷めてしまったのか?
②どうしてこちら側を見ようとしてくれないのか?
③メールも電話も反応がない
 (前は自分から、会えない日や休み時間にメール等を送ってくれていたのに、一切なくなった。)

おおまかに、この二つ。
コレを軸に話をしたところ、回答として

①冷めてるわけじゃない。
②雪野の家にいつもいるから、自分の時間が取れていなかったことに最近気付いた。
③回答ナシ(ごめんねって言われた)

ってことでした。
なので、最低でも週に二日、雪野の家では過ごさない、昴くんのプライベートな日を作ることにしました。
待機当番や本人の用事とかもあるので、そういうの合わせると、会う時間が週に1~2日も出てきます。
(勿論、その間は寂しくなるので、電話やメールの1回くらいあると嬉しいなとは言いましたが・・・。)
それでもいいと思いました。
それで、昴くんの元気が出るなら・・・。

で、その話をした次の週。
早速、待機当番が重なったので、平日5日間のうち、4日は雪野家に来ないことになりました。

月曜日・・・昴くん予定有りのため、来ない日
火曜日・・・来る予定だった日(昴くんが途中で自宅で寝てしまった為、結局来なかった。)
水曜日・・・当番
木曜日・・・当番
金曜日・・・来た日

ざっとこんなかんじでした。
火曜に関しては、昴くんも仕事が少し遅め、雪野も使用の仕事の打ち合わせで帰りが遅くなるので、お互い帰る時間を連絡して、寝るのだけは一緒に寝ようねと前日に話をしていました。
で、当の火曜日、結局昴くんは仕事が終わった後、疲れ果てて寝てしまったと。
雪野さんは打ち合わせが23時半頃に終わって、家に帰りついたのは0時過ぎ。
それでも連絡がなかったので「仕事頑張ってね」のメールをして寝ました。
次の日、昴くんから「寝てしまっていた;;;」というメールがきました。

・・・疲れているのは理解できるので、それはいいんです。

そんな日があるのは重々承知の上です。
だから、当番の2日間、その間にメールや電話の一本でもあるかなーって思ってたんです。
今まで、毎日のように一緒にいて、それが急に会う時間が少なくなるのは寂しいと伝えていました。
それがあるから、連絡の一つくらいはくれないと寂しいよ?と伝えていました。
電話であれ、メールであれ、空いた時間に私を想う時間を作って欲しかったのです。
でも、水・木曜日、共に連絡はありませんでした。
私からも連絡できませんでした。
だって、仕事をしているかもしれなかったから。

そんなことがあって、段々、昴くんのことを、これ以上好きになることを止めたいと思うようになりました。

今までは、毎日毎日、好きが増えていって、相手(昴くん)も同じ気持ちだと思って疑いませんでした。
それが、昴くんの好きの気持ちが止まってしまっているように見えています。

昨日も21時頃に疲れて帰ってきて、口数も少なく、一緒にお風呂は入ったものの、すぐに寝てしまいました。
そしてあまり笑ってくれなかった。
今までは、どんなに疲れて帰ってきても、ゴハンを食べて、お話していれば、少しずつ笑顔が増えていっていたのに。
それは無理している笑顔ではなく、本当の笑顔だったのです。
でも、昨日は無理をしているカンジでした。
疲れているのはわかっていたので、マッサージしてみたり、お風呂のときに背中を流してみたり。
・・・反応は変わりませんでした。

なんかなー・・・。
疲れちゃった。
どうしたらいいかわかりません。
私は、昴くんのこと大好きです。
なのに、今まで返ってきていた気持ちが返ってこなくなってる。
距離、置くかな・・・。

何かいい方法があれば、誰か教えてください。


banner_04.gif
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
うーん…
とりあえず、雪野さんの話を聞いた限りでの私見ってことで。
彼氏さんが言ってる「冷めてるわけじゃない」ってのは本心だと思います。

特に男はそうだと思うけど、好きな人には自分のことを好きでいてほしいし、楽しいと思ってほしい。
だから一緒にいる間も頑張っちゃう。
それは全然苦じゃないから雪野さんも「無理してる」と思わなかったんだと思うし、正解だと思います。
でもそれはやっぱりどこかで「自分を作ってる」ってことで、付き合ってしばらく経って
お互い素を出せるようになってくると、その「作ってる自分」がいなくなってくる。
多分、彼氏さんはそういう状態なんじゃないかな。

それでも彼氏さんは雪野さんに対して気持ちが冷めたわけじゃないから、
今、雪野さんが「彼氏さんのこと好き」って気持ちを抑えたり、距離を置いたりすると
多分、今度は彼氏さんが不安になっちゃって、悪循環になっちゃいそうな気がします。

じゃあどうすればってなるとお決まりのことしか言えないんだけど、
やっぱり思ってることはちゃんと伝えないといけないと思う。
例えば、連絡ないならこっちからしたいけど「疲れてるだろうな」って思ってやめる、
それも優しさかもしれないけど、メールや着信残しておくだけでも
「寂しいんだよ、連絡欲しいんだよ」ってアピールになる。
「そんなことしなくても分かって欲しい」って思うかもしれないけど、
いくら付き合ってるって言っても他人は他人。
気持ち全部理解するなんて無理なんだし、お互いがちゃんと言いたいこと言って、
お互いがちゃんと受け止めて、ちょっとずつ歩み寄らないとダメなんじゃないかな。


長々書いた割りに全然中身がなくてごめんなさいm(__)m
俺には無理だったけど、応援してるから頑張って!
やべってぃ URL 2008/01/24(Thu)00:52:23 編集
あんちゃんっ・・・・゚・(つД`)・゚・
やべってぃ兄さん
ぬわーん。。。
コメントありがとごじゃりまするよー・゚・(つД`)・゚・

>でもそれはやっぱりどこかで「自分を作ってる」ってことで、付き合ってしばらく経って
お互い素を出せるようになってくると、その「作ってる自分」がいなくなってくる。
多分、彼氏さんはそういう状態なんじゃないかな。

確かに、そういう部分はあるんだと思います。
実際、そう感じることも今までありましたし。。。
しかし・・・今回はあまりにも態度が急変しすぎてるのが引っかかるんですよね;;;
普通だったら、徐々に・・・ってカンジだと思うんですけど、数週間前からいきなり!!ってカンジでしたし(T_T)

それに
>今、雪野さんが「彼氏さんのこと好き」って気持ちを抑えたり、距離を置いたりすると
多分、今度は彼氏さんが不安になっちゃって、悪循環になっちゃいそうな気がします。

・・・ということも考えたので、話し合いをしてから、またベタベタしてみたり、甘えてみたり、いつもと変わらない態度を取っていたのですが・・・。
あのお兄さん、何考えてるかわかんないっす。
ヘルプミーヽ(;゚Д゚)人(゚Д゚;)ノタスケテー

昨日、加弥ちゃんにも相談してみたんですけど、とりあえず、少しの間(1~2週間くらい?)様子をみて、現状が何も変わらないようだったら、距離置くのも視野にいれつつ・・・ってかんじでした。。。
あんまりこちらから同じような話しても、昴くんも疲れるだけのような気もしますしね(´・ω・`;)
とりあえず、寂しいよ!メールは今夜、打ってみようかなって思いますー・゚・(つД`)・゚・

ご心配、ありがとうございましたぁぁぁ(≧□≦;)
雪野 URL 2008/01/24(Thu)16:15:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]