忍者ブログ
私、雪野を形成する過去と今のお話。 未来に、誰かに繋がることを願って・・・。
-material by whim+
カウンター
プロフィール
HN:
雪野
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
モノ作り。
自己紹介:
福岡市在住の21歳 性別は女性。

自他共に認める器用貧乏。

手先が器用なだけですが・・・。

ココは私が過去に経験したことや、今のことの記録の場として残していこうと思っています。
忘れないうちにメモ!!
最新記事
最新コメント
[11/11 雪野]
[11/07 やべってぃ]
[08/22 雪野]
[08/20 サトシ]
[07/18 雪野]
リンク
基本的にリンクフリーなので、じゃんじゃんリンクお願いします。 よろしければ、コメントなんかも頂ければ、後々コッソリ覗きにお伺いします(≧△≦)
ブログ内検索
グリムス
木を育てます。
成木になると、ホントに植林されるそうですよ~♪ (*´∀`*)
コウコク。
バーコード
ランキング
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝の朝食はモモ缶のヨーグルト和えでした。
昂くんが私のリクエストで作ってくれました。
前日帰りが遅かった(朝方4時過ぎ;;;)ので、朝は食欲ナイからと言ったら、リクエスト通りに。。。

んー、最高☆

さて、一昨日から再開しております「ヒコのこと」シリーズ。
今日は昨日の「付き合うキッカケ5 ~差し込む光~」の続きです。
前回同様、結構長めに書いてみました。
そして、ようやく昂くんが登場!(前振り長すぎ??;)
懲りずに見てやってください。

-----

ヒコからの呼び出しを食らい、半ば勢いでOKを出してしまった私・雪野は内心怯えていた。
待ち合わせ場所は公共の場だが、キレると何をするかわからないヒコ。
口が達者で、いつも言いくるめられてきた為、今回も同じようになるのではないかと不安でしょうがなかった。

そんな時、昂の顔が浮かんだ。
私が困った時や苦しい時、いつも適切で納得のできる答えへと導いてくれたヒト。
尊敬できる兄のような存在。
彼なら・・・
彼だったら話せるかも知れない、今までのことを・・・。

携帯電話を手に取った。
さっきまでヒコと話をしていた携帯を。
彼に関するものには、もう何も触れたくなかったが、それが昂に代わると思うと、平気だった。

電話帳から昂の番号を検索する。

電話を鳴らす。

1コール目・・・2コール目・・・・・・・


「もしもし?」

久しぶりに聞く、安心する声。
優しいトーン、さっきまで恐怖を与えていた音とは違う声。

「もしもし、おにいちゃん?・・・雪野ですけど・・・元気?」

「おー、久しぶりー。うん、元気よ。そっちは?・・・・・・どうしたん??」

・・・気が緩んで泣いてしまった。
泣きながら、今までの経緯を話した。
浮気のこと、暴力のこと、今家を逃げ出していること、呼び出されてどうしていいか解らないこと・・・。

昂は「うん・・・うん・・・」と相槌を打つ程度で私が話し終わるのを待っていた。

ひとしきり、状況を説明し終わり、昂が口をひらく。

「そうか・・・大変だったんだね・・・。今からその彼(ヒコ)に会いに行くの?」

「うん・・・でも、一人で会うのは恐い・・・。何されるかわからないから・・・。」

「一緒についていこうか?」

彼から申し出てくれた。
ただ、その頃、彼はまだ麻依さんと付き合っていた。

「ついてきて欲しいけど・・・もしかしたら彼(ヒコ)から手を出されるかもしれないよ・・・。お兄ちゃんが傷つくのも恐いよ・・・・」

自分で電話をしておきながら、他人の彼氏を危険な目にあわせてもいいものか・・・気持ちは半々だった。

「大丈夫だよ。ある程度の腕っ節は持ち合わせてるつもりだし。人間的に成長したから少々のことじゃ、俺から手を上げることはないから。・・・ね?」

「・・・・うん・・・・・。」

30分後、昂の家の近くで待ち合わせする事になった。
時計は既に23時を回っていた。
昂は次の日も朝早いというのに・・・。

ファミレスから少し離れた小学校で落ち合うことになった。
校庭の隅のコンクリートに腰をかける。
季節は冬。
セメントの無機質な冷たさが身体を襲う。
身体が震える。
寒さからなのか、恐怖からなのか解らなかった。

5分ほど待つと、頭の上から声がした。
見上げると優しい笑顔がこちらに向けられている。
昂だ。

「待たせて、ごめんね。」

「んーん、私も今来たところだから・・・こっちこそごめんね、お兄ちゃん」

「いいんだよ。可愛い妹分の頼みだからね。」

そういいながら笑顔を作り、私の頭を撫でる。
この人はこちらの気持ちを汲んで、安心させる術を知っている。
身長も高く、身体も作りこまれていた。
顔も、若干彫りの深い顔立ちに切れ長の目、サラサラした短めの髪という『男前』だ。
そして優しくて大人。
物事をまっすぐに捉えることが出来る人。

この人が彼氏だったらいいのに・・・。

何度この言葉を押し込めてきただろう。
それなら気持ちを伝えてしまえばよかったのかもしれないが、彼には4年も付き合っている彼女がいる。
彼を困らせたくなかったし、何より伝えてしまった後、拒絶されるのが恐かった。
それまで、彼を兄と思うことで気持ちを整理してきた。

「コノ人ハ、オ兄チャンナンダ」

自分の中でこの言葉を巡らせ、暗示をかける。
そうすることでしか、気持ちを抑えることが出来なかった。

一通りの経緯を二人でおさらいし、ヒコと待ち合わせしているファミレスに向かう。
中は暖房の効いている為、冷えたからだが少しずつ暖められていく。
そんな中
ヒコを見つけた。
手の中で握りこぶしを無意識に作る。

膝が震えていた・・・。

一時期離れていたから、少しは恐怖感が納まっているのだろうと思っていたのに・・・。


ヒコがこちらに気づき、私たちを見上げる。
一時の沈黙・・・

「・・・で、何?」

先に口を開いたのはヒコだった。

「・・・だからさ・・・別れてよ。」

「何で俺がその件で折れなくちゃいけないわけ。雪野の自分勝手のせいで俺が嫌な思いをしなきゃいけないわけ。そんなの了承するわけないだろ」

「でも、もう気持ちがないんだから別れるしかないでしょ。私はアナタに恐怖感しかないんだから。」

そんなやり取りが続く。
ヒコの言い分としては、全て私の思い通りになるというのが気に入らないらしい。
私が頭が悪いから、言葉で言っても解らないから手を上げるんだと。
男女関係ないんだと。
たしかそんな感じのことを言っていた。

まるで、私が躾の悪い犬のよう。

私は彼のペットじゃないのに・・・。

馬鹿にされ、罵倒されて、言い返すとそれ以上の言葉を突き刺してくる。

段々と・・・
自分の存在がいけないのかと・・・
“雪野”という存在が居ないような気がして・・・。
ヒコの“所有物”であって、私という存在ではないんじゃないかと・・・。

そして、彼の言葉が恐くて、何も言えなくなってくる。

私は只々、自分の手を血が出るほど握り締め、痛みで自分を確認するしか出来なかった。



「私」という存在はいらないのでしょうか?
banner_04.gif

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]