忍者ブログ
私、雪野を形成する過去と今のお話。 未来に、誰かに繋がることを願って・・・。
-material by whim+
カウンター
プロフィール
HN:
雪野
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
モノ作り。
自己紹介:
福岡市在住の21歳 性別は女性。

自他共に認める器用貧乏。

手先が器用なだけですが・・・。

ココは私が過去に経験したことや、今のことの記録の場として残していこうと思っています。
忘れないうちにメモ!!
最新記事
最新コメント
[11/11 雪野]
[11/07 やべってぃ]
[08/22 雪野]
[08/20 サトシ]
[07/18 雪野]
リンク
基本的にリンクフリーなので、じゃんじゃんリンクお願いします。 よろしければ、コメントなんかも頂ければ、後々コッソリ覗きにお伺いします(≧△≦)
ブログ内検索
グリムス
木を育てます。
成木になると、ホントに植林されるそうですよ~♪ (*´∀`*)
コウコク。
バーコード
ランキング
[199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一枚皮!
雪野!!!

昨日、ちょっとマズッたことがありました。

先日から言い続けているネイルスクールのこと。

親戚のおばさんに言ってしまいました。




父のお姉さんにあたる人で、姪っ子の私にとてもよくしてくれる人です。
毎月お金まで送ってくれるし・・・(´・ω・`)
で、今の仕事を紹介してくれたのが、その叔母さんの旦那さん。
お陰で4年も今の仕事を続けることができました。

そんな人なので、とりあえず、スクールに通うことは伝えなきゃと。
うまくいけば、1年半~2年後には転職も考えているわけだし。
筋を通したかったので、唐突に電話をしてみました。


雪野「あのー・・・お話しなくちゃいけないことができまして・・・いいにくいのですが・・・」

叔母「どうしたのー??」

雪野「私、もしかしたら2年後くらいに転職するかもしれません。ネイルスクールに通って、ネイリストになろうと思っています。」

叔母「えぇ?!・・・もう行くことは決めたの??お金とか結構かかるのでしょう??大丈夫なの??」

雪野「・・・その辺はもう、自分でやりくりします。やれる範囲でやろうと思ってます」


一応、通うスクールの説明や、就職率、給料形態のことなど、お話しましたが、やはりお金のことがとても心配なようです。
まぁ、実際のところ、叔母さんには言ってないですが、私が行くところは、全部で100万ちょいかかるし、ローン組んでも、月々2万3000円くらいの請求があるので、結構キツキツな生活になるわけですが。
(もちろん、もっと安いところは沢山あったのですが、体制がしっかりしていなかったり、時間帯が合わなかったり・・・という理由でダメだったのですよ;;;)

でも、月々の支払いは、仕事への通勤を自転車にして、モデルのお給料を足すとなんとかやりくりできるんだよねー( ̄m ̄*)

スクールとしては大手だし、教えてもらう先生も素敵な人。

そういうことも含め、ヘタなところに行くより、お金がかかってもいいと思って、決めました。

しかし、叔母さんにとっては、やはり安定した方がいいと思っているよう。
そりゃそうだよね。
父からしてみれば一人娘で、母はいないし、福岡で一人で生活している。
いずれ女性は結婚するんだから、それまでの“つなぎ”として安定した生活を送れる、今の仕事がいいと思っているのでしょう。
父方の実家は田舎の、ある程度裕福な家庭なので、結構保守的な考えが根強い。
私も、今までやりたいことが無かったし、私用の仕事のこともあったので、現状に甘えて、流れるままに生きてきた。

でも、それじゃ私はダメになる・・・と思う。

私はすぐに甘えてしまうから。
勿論、それがたまには必要なときもある。
ただ、私はその甘いものがあれば、ずっとソコにいる。
ソレが無くなるまで。
そして多分、その甘いものはとめどなく、少しずつ与えられ続けるんだと思う。
父や叔母さんや、祖父母から。
だから、コレは自分でやるの。
もしかしたら、助けを求めるかもしれない。
その時は自分で頭を下げて、その責任の中で助けてほしい。
ただ、できるだけ自分でやっていきたい。
それがやれるの、今しかないと思う。

・・・まぁ、そのことを叔母さんが知る由も無く。



“とりあえず、お父さんに一度きちんと相談しなさい”



と言われてしまった。
あー・・・やっぱりそうきますか・・・。
父には、検定が取れてから事後報告しようと思っていました。
心配かけたくないし、言ったら、多分お金は父が出す!!って言いそうだったから。
でも、それじゃダメなんです。
たまに帰る時にお小遣いをくれるのはわかります。
心配なんでしょうね。
私も助かるから貰いますが。
でも、他のことも沢山してもらいすぎ。
車も買ってもらったし、仕事だって、叔父さんに紹介してもらったところで、自分では何もしていない。
ぬるま湯に浸かって、外に出ることもせず、「自立しています」なんて言えない。





ドコへいっても、誰に会っても、恥ずかしくない人になりたい。






応援ポチをお願いします☆
banner_04.gif
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]